音痴でもカラオケは上達する

皆で楽しく行くカラオケ、でも苦手な人もいますよね。その理由の最も大きな原因は自分が音痴だと思っている事だと思います。

専門の人に言わせると本当に音痴だと言う人はいないみたいなので、必ず直す事が出来ると言う事みたいです。

大抵の人は自分が音痴だから上手く歌う事が出来ないのだと思っている方が多いのですが、歌を上手く歌えない理由は音痴以外にもたくさんあるし、人それぞれ理由は違うと思います。
例えば「音楽のリズムに合わせる事が難しい人」「歌のテンポを上手く合わせる事が出来ない人」「声を出して歌う事が恥ずかしい人」「カラオケの音量で自分の声が分からなくなってしまう人」等々、本当に理由は様々です。そんな状況にいるのですから「上手く歌う事が出来ない=自分は音痴」と言う図式が出来上がってしまうのです。

もし本気でカラオケで上手く歌いたいと願っているのであれば、カラオケが上達するレッスン等を受けてみてもいいと思います。そうする事であなたが上手く歌えない理由が分かったり、改善方法が分かったりすると思います。やる気があれば絶対に上達する筈だと信じましょう。

ちょっと大袈裟かもしれませんが、「歌は心で歌う物」だと思うのです。自分の心の中にある人柄、エネルギー、パワー、これがあると上手く歌う事は可能になる筈です。その取り掛かりとしてカラオケレッスンを受けてみてはいかがでしょうか。きっと上達してカラオケに行くのが楽しくなると思いますよ。

カラオケ上達はコツ次第

カラオケにはきっと皆さん何回も行った事があると思います。それで上手い人の歌を聞いて「私もこんな風に歌いたい。」と思った事がある人も多いのではないでしょうか。また自分は歌が下手だと思っている人は自分なりに努力もしているでしょう。でも「たくさんカラオケに行って、たくさん歌ったけど全然上手くならない。」「本やインターネットサイトを見て歌が上手くなる方法を試してみたけど全然上手くならなかった。」だから短期間で上手くなろうとするのは無理なのだ。とか生まれ持っての物だから無理なのだと諦める人も多いと思います。でも早まらないで下さい。無理では決してありませんから。

音痴の原因はほとんどの場合、音楽の音と、声の音がずれている事だと思います。耳で聞いた音を自分の声で出す事が出来ないのです。一般的に売られている本やインターネットサイトなどにある「歌が上手くなる方法」とは声を出す方法(よく聞くのは割り箸を口に挟んで出す方法)、呼吸法(発声を良くする為の腹式呼吸)等が書かれているのですが、これは元々歌が上手い人がもっと上手くなる方法であって音程を直すものではないのです。
ですからいくら練習したとしても上手くはならないと言う事になるのです。

実は音程を取る練習と言うのはとてもシンプルな物で決して難しい物ではありません。上手い人は更に上手くなるには練習を重ねて徐々にステップアップと言う感じですが、音程がずれていて音痴だと言っている人はあるコツ、ポイントさえ掴めれば一気に上手くなります。そのコツは本人によって違うのですが、レッスンなどに行って取り掛かりだけでも見つけに行ってみるのもいいと思います。

カラオケを上手に使って上達させよう

昔はカラオケと言うと皆でワイワイ騒ぎながらと言うイメージしかありませんでしたが、今は「一人カラオケ」と言う様に1人でカラオケを楽しむ人も増えてきています。特に練習したい曲がある場合や、歌が上手く歌える様になりたいと思っている方は数をこなす様に歌い込んでいって自分の歌い方を確立させていくのが良いと思います。何度も何度も歌を歌い、歌を自然に表現出来る様になればよりベストです。

次に自分が音痴だと感じている人はたくさんいると思います。でも諦めないで下さい。音痴は直す事が出来る物なのです。やり方としては聞こえている音と発している音を合わせる様にして表現する事なのですが、それって結構難しいですよね。

音痴を実際に直そうとした場合、人によっては短期間で済んだり、長期間かかってしまったりすると思います。短期間で直したいと思っている人は人の手助けを借りる事、つまりボイストレーニングなんかを受けてみてはいかがでしょうか?きちんと他人に見てもらう事で欠点が素早く浮き彫りになり、音痴を比較的早く直す事が出来ます。長期間の人はゆっくり自分で考えながら直していくのも良いですし、ボイストレーニングは根を詰めずじっくり受けていくのも良いと思います。

根本的な話ですが、あなたが自分は音痴だと思っていても一緒に歌っている周りの人は意外と気にはしていない物です。自分は音痴だからと自信無く歌っている方が余計音痴にしてしまいます。ですからカラオケの時は自信を持って楽しんで堂々と歌うようにしましょう。

歌が上達する為には

歌に自信が無くて、カラオケに行っても何となく歌うのが恥ずかしいとか、歌をもっと上手に歌える様になりたいとか思っている人はものすごく多いと思います。歌が上手いのは生まれつきの物なんて思ってはいませんか?歌は練習をする事でそれなりに上達する物なのです。また音痴の人でも安心して下さい。音痴もそんなに時間をかけなくても直す事が出来ます。

飲み会の席や結婚式の席など社会人や学生になると人前で歌を歌う機会と言うのは増えてくると思います。上手に歌を歌う方法としてはある程度音が取れている人の場合は1つの歌を吟味して、音を1つずつ確かめたりリズムをきちんと取ったり、強弱を付けたり、感情を少し入れるようにして何度も歌い込む事である程度までは上手く歌える様になると思います。

またカラオケで最近点数が出る機械が増えてきましたが、この採点はリズムと音程によって評価されている物なので、さっき書いた様な事を忠実にやれば高得点が叩き出せるようになると思います。

またカラオケルームの広さもちょっとだけ関係していて、広ければ広い程歌の粗が見えてきます。最初の内は小さめの部屋で練習して、自信が付いてきたら徐々に広い部屋で歌っていく様にするのもコツです。こう言ったちょっとした工夫が自分自身に自信をつけるコツになるのです。

また曲の選択もとても大切で、得意な歌、苦手な歌と言うのが必ずあると思うので、そう言った物も見極めておく事も大切です。

ボイストレーニング前にストレッチをして歌を上達させよう

12月、1月と忘年会に新年会とたくさん飲みに行く機会も増えて来ると思います。同時に二次会にカラオケで更に盛り上がると言うのもお決まりのコースだと思います。ただこの「カラオケ」と言う場所、歌が上手い人にとっては良いのですが、歌が下手だと思っている人にとっては大勢の前で歌うのは苦痛以外の何者でもないと思います。

また自分が音痴だと思っている人、「意外に歌は上手くないのね」なんて何気なく他人に言われて傷付いちゃった人など歌に自信が無くなったり嫌いになってしまったりしている人も多いと思います。

でもちょっと待ってみて下さい。どうせカラオケに行かなきゃならないのであれば嫌な思いをして行くのではなく、楽しい思いをして行きたいですよね。それなら少し努力をして歌を好きになってみましょう。

まずはボイストレーニングを始めてみませんか?ボイストレーニングをする事によりきっと歌が上手くなり、好きになると思いますよ。その為の準備体操をしてみましょう。ボイストレーニング前にする事によりトレーニングの効果を何倍にもする事が出来る基本的な事です。では始めてみましょう。

1.首をゆっくり5回程回します。(逆も同じように行って下さい。)
2.首全体を指で円を描く様に(螺旋状に)揉み解しましょう。
3.よく口を開ける事が出来る様に顔の口の脇から耳にかけてのラインをマッサージしましょう。
4.次に身体のストレッチですが、開脚して座り、左右に5回ずつ上半身を倒しましょう。
5.手首、足首をよく回しましょう。

こうやって身体の緊張を解してから歌い始めるようにしましょう。

カラオケ上達法【ボイストレーニング】

カラオケが上手くなりたいと思っている人は大勢いると思います。ここではボイストレーニングとして声を出してトレーニングする方法をご紹介してみたいと思います。これを継続して行う事によりきっと上手く歌える様になると思いますよ。

1.自分の音量でどれ位長く声が出せるかやってみましょう。この時、自分の出しやすい音程で常に同じ音量で出す事が大切です。長い時間声を出す事が目的ではないので最初から音量を弱めに調節したり、最初と最後で音量が変わったりすると言う事が無い様にしましょう。声は喉で出すのではなくお腹から出す様に意識する事、最初は10秒位で充分ですので、しっかりと出す事を続けて練習しましょう。

2.次は小さい声から徐々に大きく出す様にしていきましょう。最初の内は10秒位かけて大きくしていく様にして慣れてきたら20秒かけて、30秒かけてと長くしていきましょう。

3.次は2と逆に大きい声から徐々に小さくしていきましょう。最初の内は10秒位かけて小さくしていく様にして、慣れてきたら20秒かけて、30秒かけてと長くしていきましょう。
4.次は小さい声から徐々に大きい声にしていき、徐々に小さい声に戻していく様にしましょう。最初の内は10秒位かけて、慣れてきたら20秒かけて、30秒かけてと長くしていきましょう。
5.次は大きい声から徐々に小さい声にしていき、徐々に大きい声に戻していく様にしましょう。最初の内は10秒位かけて、慣れてきたら20秒かけて、30秒かけてと長くしていきましょう。
ボイストレーニングはやり過ぎると喉を痛めてしまいます。ですから最初は10分位でも良いと思いますので徐々に声を慣らしていきましょう。

カラオケの上達とビブラートに関して

カラオケで上手だと思わせるテクニックの一つにビブラートがあります。ビブラートは歌の途中で音を伸ばす部分で声を振動させて歌う方法で、この歌い方をしない曲だとメリハリも無く単調になってしまう可能性が大きいです。

カラオケでビブラートをする時には喉を使わない事です。プロではないので喉のきちんとした使い方を知らないので痛めてしまう可能性があります。ですから喉に負担をかけないビブラート方法を練習しましょう。

ではまず準備としては声を出す事からなのですが、喉を開いた状態で腹式呼吸を使う事が大切です。そして比較的自分が楽な音程で「あー」と力まず声を出し切って下さい。段々息が続かずかすれてくると思いますが、こうなると自然に弱いビブラートがかかる様になります。この時にお腹に力を入れ、音を安定させてビブラートをかける様にしましょう。ビブラートの波も一定の幅で行う事が重要です。

最初から上手くいくとは思えないので、徐々に練習を積み重ねていく事で出来る様になってくると思いますので、是非マスターをしてカラオケで披露しちゃいましょう。

とにかくビブラートは喉ではなくお腹でかける!これを意識する様にしましょう。今までカラオケで歌を歌っていて何か音は外していないのだけど自分の歌い方ってつまらないなと思っていた人はこのビブラートと言うテクニックを是非取得してみて、歌にメリハリや感情が付けられる。そんな歌の謡い方を目指してみてはいかがでしょうか。

カラオケ上達方法の色々

歌の技術を上達させてカラオケで皆に「あっ!」と言わせてみたいと思いませんか?そこでカラオケが上達出来る方法をいくつか挙げてみますので参考にしてみて下さいね。

【腹式呼吸】
歌を歌う上での基礎中の基礎が「腹式呼吸」です。これを練習する事でカラオケの上達率がUPする事は間違いないでしょう。

1.まず床に寝てお腹に手を当てましょう。
2.身体の力を抜き、鼻から息をゆっくり吸います。この時お腹が膨らんでいく事を手で確認しながら吸いましょう。
3.吸いきったら息を止め、3~5秒その状態を保ちます。
4.逆に鼻から息をゆっくりと吐きましょう。この時お腹がへこんでいく事を確認しましょう。
5.2~4を20セット~30セット位行うようにしましょう。

【音程は無理をしない程度に】
結構曲の中には高音ばかりある様な曲もたくさんありますが、人によって声の音域と言うのは様々ですので、自分のキーに合わない位高いキーの曲を歌ってもたぶん聴いている人には無理をしている様に聞こえるでしょう。上手に歌う為にはそういった曲もキーを下げたりあげたりして自分の声に合わせる事も大切だと思います。

【発音】
どんなに音程がしっかりしていても、声を小さくしてボソボソとした発音で歌っていたらやっぱり下手に聞こえてしまいます。上手に歌うには歌詞をはっきりと発音してリズム良くテンポ良く歌う事、これが大切になってきます。また言葉も一つ一つ丁寧に発音する様にして下さいね。

カラオケはどうすれば上達するのか?

カラオケが上達する方法としてよく割り箸を口に挟んで発声練習すると言った方法がありますが、これは言葉を口に籠もらせないと言うのを解消する為に行う方法です。
割り箸を口に挟むのは嫌だわと思っている人は別の方法もあって、まず歌いたい歌詞をひらがなに直して書き出します。そして「い」「に」の様に発音する時歯を見せる発音を大事に歌うようにしてみて下さい。言葉が籠もらないようになりますよ。い行の口の形を続ける事でカラオケが確実に上達すると思いますよ。

カラオケで歌っていて「高い声が出切らない!」って感じた事はありませんか?歌の練習をする事により音域も3音位は上げる事が出来ると思います。やり方としては自分がもう出ないと思う高さの音を怒鳴り声でもいいから出す様にする事です。何回もやっているとその内にその声が自然と出る様になります。こういう練習は高音に対してはある程度有効なのですが、低音に対してはあまり効果が無いのでやるなら高音の練習用にやってみて下さい。

次にカラオケが上達する方法としては声量を強化すると言う事が挙げられます。つまり腹式呼吸を実践して声量を付けると言う事なのですが腹筋を意識して呼吸をする様にするだけで上手く声が出る様になると思います。

以上の様にカラオケを上達させる為には腹式呼吸と発声にポイントがあり、練習を重ねる事で自然と音域が広がる様になると思います。でも決して無理はしないで下さいね。少しずつ上達して行きましょう。

カラオケ上達の為のテクニック

カラオケは好きだし歌うのも好きだから今後も歌って行きたいのだけど何だか最近自分の歌い方に飽きてきたと言うか限界を感じてきた様な気がして何とか工夫してもっと楽しく歌いたいと思っている人はいないでしょうか?

そんな時にはビブラートなどのテクニックを入れてみるのはいかがでしょうか。ビブラートと言うのは震音と言うように日本では書くし読むのですが、この文字が語っている通り音を震わせると言う物になります。震わせる事によりその音に深みを持たせる事が出来ると言う事です。

ビブラートにはいくつか種類があり、音を上下に震わせるビブラート、音の大きさを強弱させて震わせるビブラートがあります。この震わせる間隔が一定の間隔だと心地いいなと人に思わせるようなビブラートになるそうです。

こう言ったビブラートと言うテクニックを取り入れる事で、歌をもっと上手く歌う事が出来るとか、聴いている人にこの人の歌は聴いていて気持ちがいいなとか思わせる事が出来る様になると思います。

ビブラートをかける時ですが、喉を使ってかけるビブラートや、お腹(横隔膜)を使ってかけるビブラートがあります。横隔膜はお腹と言うか胸の近くにある筋肉のところで、そこを震わせる事でビブラートをかける事が出来るようになるのです。
ビブラートを使えるようになるには、練習が必要になりますが、安定した声量で行う事でより心地よく使えるようになると思いますので是非練習してみて下さい。

また、安定した音を出す為には腹式呼吸が大切になってきますので、呼吸法もマスターする必要があると思います。